【速報】キングオブコント2018!ハナコが優勝!

内田篤人怪我の内容は何?怪我の最新情報(2018年)も調査した!

イケメンで身体能力の高い内田篤人が長い期間悩まされている怪我の内容は何なのか?また、怪我の内容によっては昔のような輝きは戻らないのか?そこで、内田篤人の怪我の最新情報(2018年)も含めて調査しました!今は鹿島アントラーズに戻ってきて怪我の最新情報もクラブからも公表されていますので、そちらも合わせて紹介していきます。

内田篤人の怪我はいつから?2014から?

内田選手は、シャルケに在籍していた2014年2月のハノーファー戦で怪我を負ってから、そこからずっと怪我との付き合いが始まりました。
同年の3月に、シャルケから正式に内田選手の怪我が発表されました。
その後も、怪我を我慢しながらブラジル・ワールドカップや不振にあえぐ所属チーム(シャルケ)のために、貢献していました。
しかし、2015年3月の試合を最後に、治療に専念するため長期離脱をすることを選択しました。
内田選手は、シャルケの公式戦を74試合欠場し、再びピッチに立てるまでに639日(1年9ヶ月)もかかったんですね。

内田篤人の怪我の理由・原因は?

怪我の原因は先述したように2014年2月にハノーファー戦で負った怪我が直接的な原因とされています。

その際、内田選手は「怪我は友達のようなもの」と話してプレイ続行ができると考えていたようです。
しかし、 運動量が多く、接触プレーも激しくある種の格闘技のようなサッカー選手にとって怪我はつきものかもしれませんが、一つの怪我が選手生命を狂わせることもゼロではありません。
内田選手にとっても、怪我は例外なく付きまとっていたでしょうから、『怪我をする理由や原因』や『いつから怪我をしたのか』を明確に判断することは難しいと思われます。

内田篤人の怪我の内容と病名は?

内田選手の怪我の内容は膝の裏の腱の切断です。
完全に完治していないまま試合に出場したりすることも多かった為、症状は悪化してしまったようです。
その結果、右膝の膝蓋靱帯という部分にもしわ寄せで怪我の影響がでてしまいました。

内田篤人選手の怪我の病名は膝蓋腱炎(しつがいけんえん)や膝蓋靭帯炎(しつがいじんたいえん)と言われています。
別名はジャンパー膝という病名なのですが、名前の通りバレーボールやバスケットボールなどでジャンプや着地を頻繁にしたりする競技者に発症しやすい怪我で、
サッカー選手なども基本的な動作やボールを蹴るなどの動きでも発症するようです。
膝に過度の負担がかかるスポーツは特に発症しやすいと言われています。

内田選手の怪我の場合は靭帯が骨化=人体の機能を果たさなく伸び縮みがしにくくなってしまうほどの症状だったようです。
膝がだんだん動かなくなっていき痛みも日常生活でも痛みが絶えなかったみたいですよ。

内田篤人の怪我の手術内容や場所は?

先述した内容をまとめますと怪我をした箇所は2箇所で、そこの手術をする必要があったということです。
①右足太もも ②右足の膝の腱 ですね。

実際に怪我をした時の内容を振り返ると、試合開始と同時にピッチを上下に走り回り、前半にはアシストも決めていました。しかし、試合終了間際に相手DFをドリブルでかわそうと、切り替えた時に足を抱え込み倒れ込みました。
元々、右膝の怪我を抱えていたらしく、それをかばっていた太ももにも負担がかかっていたと考えられ、ふとももと膝の両方のに影響が出てしまったというわけですね。

手術をしたのは右膝・膝蓋靭帯(しつがいじんたい)

手術をしたのは右膝・膝蓋靭帯(しつがいじんたい)です。
手術に踏み切ったのは怪我のきっかけとなったハノーファー戦から約1年以上が経過した2015年の6月のことです。
医師からは、『サッカーのグラウンドで起こったとは想像しがたい、交通事故にあったときに負うような大怪我だ』と言われたそうです。

そのため、治った前例(症例)が少なく、また治る保障もないままの手術を受けたらしいです。
『引退』という言葉も頭によぎったでしょうし、サッカーはおろか日常生活も苦しい日がまた続く可能性もありましたから苦渋の決断だったでしょう。

膝蓋靭帯(しつがいじんたい)とは?

○症状
膝の曲げ伸ばしを繰り返すことで、膝蓋骨(しつがいこつ)と脛骨(けいこつ)をつなぐ膝蓋靱帯が炎症を起こします。重症例では膝蓋靱帯が完全に断裂します。バレーボール、バスケットボール、走り幅跳びや走り高跳びなどの陸上競技、野球、サッカーなどジャンプを繰り返すスポーツによって起こりやすく、とくに成長期や身長の高い人によく見られます。

○症状
膝蓋骨の下<脛骨結節>が痛みます。
最初はジャンプなどの動作時にだけ痛みが出ます。
ジャンプやランニング、とくにジャンプの着地で強い痛みを感じます。
たまに患部が腫れたり、熱くなったりします。
太ももの筋肉が縮んで硬くなることもあります。
脛骨結節が隆起することもあります。

○原因
ジャンプで膝蓋骨の下の膝蓋靱帯が引っ張られ、炎症を起こしています。

○治療方法
スポーツを休み、安静にします。
大腿四頭筋(だいたいしとうきん)や大腿二頭筋(だいたいにとうきん)など膝に関係する筋肉のストレッチと筋力強化を行います。
痛みがひどければ消炎鎮痛薬を貼ったり塗ったりします。
重症例では手術をすることもあります。
スポーツを再開したら、大腿四頭筋のストレッチを欠かさないように気をつけます。
衝撃吸収性の高い靴や膝のサポーターも有効です。

内田篤人のブラジルW杯での精神力が凄い!

内田選手の怪我に関しては、「無理をしたから悪化した」「早く治療すべきだった」ということが結果的にはわかりましたが、それ以上にW杯にかける想いが相当強かったのではないでしょうか。
というのも、内田選手が怪我をしたのは、ブラジル・ワールドカップへ挑む日本代表へ合流する直前の出来事でした。
もし、怪我で離脱してしまえば、ブラジルワールドカップに出場することはおろか、選手生命の危機を感じとってか今でないと一生出れないかもしれないとよぎったのでしょう。

実際にワールドカップの第2戦・第3戦では 「右足は地面についているだけの状態」 だと内田選手は話していました。

残念ながら日本代表は予選リーグで敗退してしましたが、当時の内田選手の男らしい様は誰にも真似できないと思いますよ!
そして、2016年12月に1年9ヶ月ぶりに復帰をして、過去の出来事を語る内田選手の事実を理解するほどこみ上げるものがあります。

内田篤人は怪我に悩まされて回復したばかり!

怪我の手術から復帰したのは2016年12月の公式戦。

2017年8月には出場機会を求めてシャルケからウニオン・ベルリンに1年契約で完全移籍し、2017年9月10日には移籍後初出場をし、2017年9月20日にはおよそ2年半ぶりとなる先発フル出場をしています。
このときは残念ながらチームとして結果を残せず、内田選手も3試合連続でベンチ入りとなってしまいました。
今までのように120%の力を出し切れるように完全復帰したというわけではないですが、またもう一度サッカーのピイ地に建てた喜びを誰よりも噛み締めていたと思います。

出場機会を求め2018年1月に鹿島へ移籍

遡ると2015年6月に右膝を手術し、その影響で2シーズンはリーグ戦出場の機会のない日々を過ごしました。
2016年12月8日に途中出場し、約1年9か月ぶりの公式戦復帰を果たすも、その後は出場機会がなく、2017年8月22日に恩師イェンス・ケラーが率いるウニオン・ベルリンに完全移籍しました。

しかし、怪我の具合もあってウニオン・ベルリンでも出場機会に恵まれず、2018年1月に古巣の鹿島アントラーズに復帰しました。

内田篤人が鹿島アントラーズに呼び戻された理由

「チーム全体の構成を考えたときに、右サイドバックの補強は必然だ」と鹿島アントラーズの鈴木常務取締役入っていました。あくまで「こっちの状況」に当たると言いながらも、内田選手の補強に関してはもうひとつの意図が込められていたようです。

それは世代交代の波が来ているなかでの中心人物の不在です。

鹿島アントラーズは昨シーズンは勝てば無条件で優勝できた最後の2試合を、ともにスコアレスドローで終えて涙を飲んでしまいました。
黎明期から受け継がれてきた伝統でもある試合巧者ぶりを発揮できなかったピッチ上には、キャプテンのMF小笠原満男(38)の姿はありませんでした。

成績不振の責任を取って解任された石井正忠前監督(現大宮アルディージャ監督)に代わり、
コーチから昇格した大岩剛監督が指揮した6月以降の試合では、ボランチはレオ・シルバとヴェルディから新加入した2年目の三竿健斗(21)でした。
勝ちにこだわる姿勢から小笠原選手の出場機会は激減し、勝負どころの9月以降になると、リーグ戦の10試合すべてでベンチを温めたまま試合終了のホイッスルを聞いていました。
ゲームキャプテンの役割も11年目のMF遠藤康や7年目で日本代表にも定着したDF昌子源務めることが多くなりました。

そこで鈴木常務取締役は「(小笠原)満男が試合に出られる機会がだんだん減ってきているなかで、満男の次の世代で鹿島の伝統や、試合をコントールして、チーム全体を見ながらバランスを取るような役割を演じられることも含めて、そういう存在がまだ必要だというのも(内田)篤人を呼び戻した理由のひとつでもあるので」と語っていました。

本調子ではない内田選手には少し重荷になるのかもしれませんが、時代・世代が変わっていたいまチームを牽引しながら伝統を継承していく大事な立場で呼び戻されたとは内田選手にとってとても光栄なことですね。

内田篤人の代表歴

▼2008年~:日本代表
・2010年南アフリカW杯メンバー
・2014年ブラジルW杯メンバー
・2011年アジア杯メンバー
2008年1月26日チリ戦でA代表デビュー
▼U-16~U-20、U-22、U-23日本代表
・2007年U-20W杯メンバー
・2008年北京五輪メンバー

内田篤人の日本代表への復帰は?

内田選手の日本代表への復帰はあるのでしょうか。
個人的には内田篤人選手には日本代表に復帰してほしいですが、怪我の状態からも復帰の可能性は低いかと思われます。

内田選手は日本代表として右SBのレギュラーでしたが、今では酒井宏樹選手が安定してレギュラーで出場しています。
また、酒井宏樹選手が出場できない場合などは酒井高徳選手が出場することもありますから、内田選手の入れる枠は無くなってしまっているように見えます。

監督であるハリルホジッチも今活躍している人や出場している選手を優先的に出場させると言っていますから、ここから考えれば同世代の香川選手や岡崎選手が外れていることから考えれば、管理厳しい状況かと思います。

しかし内田篤人選手は鹿島アントラーズに復帰しましたから、日本代表に出場しなくとも内田選手の姿を日本でも観れますから出場できるのであればどこでも応援してあげたいですね!

終わりに

いかがでしたでしょうか?
今回は「内田篤人怪我の内容は何?怪我の最新情報(2018年)も調査した!」について記事を書きました。内田選手の怪我の内容は膝蓋腱炎(しつがいけんえん)や膝蓋靭帯炎(しつがいじんたいえん)と言われるもので、それを治すために手術をしました。しかし、怪我からは完全復帰はできずに今でも不安定な状態ということがわかりました。

とはいえ、内田選手の苦労話を聞いた上でも活躍してほしいと思いますよね。痛々しい姿は見たくありませんが、鹿島アントラーズに出場できるのであれば全力で応援したいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です