【速報】キングオブコント2018!ハナコが優勝!

Kokiがブルガリの顔になったのはなぜか?コネが関係していた!

『木村拓哉の次女』の印象が強いモデルのKoki,さんが、世界的高級宝飾ブランドの『ブルガリ』のアンバサダーを世界最年少で務める事になりました!なぜデビューしたばかりのKokiさんがブルガリの顔になったのでしょうか?
やはり、コネなのか?なぜコネと騒がれるのか?

史上初の快挙に世間が大いに沸き立っている、Koki,さんについて詳しく調べてみました!

Koki(コウキ)のプロフィール

本名:木村光希(きむら みつき)
生年月日:2003年2月5日
年齢:15歳
身長:170cm
出身地:東京都
特技:英語、フルート、ピアノ、作曲

両親は、皆さんご存知のように、木村拓哉さんと工藤静香さんです。

Kokiさんは、小さい頃からインターナショナルスクールに通っていたこともあって、英語が堪能とのことだそうです。

また身長も170cmと高いこともあり、今後、世界で活躍するモデルになれる素質はあると思われます。

Koki(コウキ)がブルガリの『顔』アンバサダーに就任!

記事の最初でも紹介したように、Kokiさんが、世界的にも超有名な宝飾ブランド『ブルガリ』のアンバサダーに
就任することが決定しました。

この報道に関して、ネット上では『ブルガリなんてモデルとしてはまだ早いのでは?』『荷が重過ぎるのでは?』『ブルガリというブランドの品位が下がる!』といったコメントも数多くあがっていました。

『ブルガリ』といえば、世界でも名だたるブランドの一つであって、そのブランドを代表し、アピールする立場になるということは、ごく少数の、著名な一流のモデルしか選ばれることのない『特別なポジション』であったはずなのですが、
Kokiさんの場合、どのようないきさつがあって、ブルガリのアンバサダーとして就任することになったのか、
ということについて、明らかにしていきたいと思います。

Koki(コウキ)がブルガリの『顔』になったのはなぜか?

Kokiさんは、『ELLE Japon』のモデルとして表紙を飾るという衝撃のデビューを果たしたのですが、
その際に撮影を担当されたのが、操上和美(くりかみかずみ)さんという方で、その方の影響力が大きかったのではないか、という見方があるようなのです。

操上和美さんは、現在82歳で、ブルガリジャパン主催の『ブルガリ アウローラ アワード』の専属カメラマンをしてらっしゃいます。

この操上さんは、Kokiさんのご両親である木村拓哉さんと工藤静香さんとも交友関係があるとのことだそうで、
操上さんが、15歳のKokiさんの魅力を、撮影の際に感じとってらっしゃてたからこそ、『ブルガリ』に対してオファーを出し、
アンバサダー就任が実現したのではないか、という見方があるようです。

Koki(コウキ)がブルガリの『顔』になったのにはコネが関係?

もう一つの要因として考えられることとして、『工藤静香さんのプロデュース』というものがあるようです。

母である工藤静香さんにしてみると、トップモデルとして大きく飛躍してもらいたい、という親心があったのでしょう。

若干15歳で、活動歴2か月のモデルが、ファッションの本場フランスで創刊された『ELLE』の表紙を飾ることや、
『ブルガリ』を代表する顔として活動するアンバサダーに就任するといったことは、これまでの常識や、慣行からしても、
あり得ないといっていいことなのです。

ただ、『ブルガリに多大な影響力のある有名カメラマン』と『芸能界、ファッション界に影響力がある母親』という
二つの理想的なコネクションがうまく融合し、企業側の、若年層に向けてアピールしたいという思惑があったこと、
更に、操上さんが、Kokiさんの才能や、魅力、未知なる秘めた可能性を見出したからこそ実現したと考えてみると、
今回の大抜擢が妥当なのではないか、という気がするのです。

Koki(コウキ)はブルガリに似合わないという意見がある?

Kokiさんは、今回、15歳という史上最年少の若さで、ブルガリのアンバサダーに就任することとなったのですが、
親のコネによるところが大きい、というのや、そもそも似合わない、といった声も、少なからずあります。

・大人とイメージのブルガリに子供なんて似合わない
・顔が普通だし絶対親の七光り
・逆に本人がかわいそう

確かに、15歳でブルガリの商品を持っている、というと、あまりにも早すぎるという印象を持ってしまいがちになります。

では、なぜKokiさんが、このように批判されるような状況になったのでしょうか。

そこには、Kokiさんの母である工藤静香さんの力というのが、陰に陽に影響を及ぼしているからじゃないか、
ということも考えられそうです。

事実、工藤さんは、インスタの中で、Kokiさんとのツーショットをアップしてることが、多いです。

また、工藤さんがKokiさんのマネージャーとなり、仕事を選んでいるんじゃないか、という噂もあるくらいなのです。

一方、木村拓哉さんはというと、結婚し、子供ができても、家族のことについて、一切表に出すことがなく、
これまで、アイドルという立場をずっと貫き通してきていることもあるからなのか、以前から応援してきたファンにしてみると、工藤さんの行動が、木村さんの活動方針と相容れないため、快く受け止めることができない、というのが、本心のようです。

Koki(コウキ)とブルガリの今後に関して

今回のKokiさんのアンバサダー就任決定により、注目を浴びる一方で、ブランドのイメージダウンという代償を
招くことになったブルガリですが、これから先のKokiさんの活動次第によって、評価に影響が出てくることとなるでしょう。

ブルガリも、キムタクの娘という知名度を利用してKokiさんを起用した訳でなく、何らかの才能を持ち合わせていて、
彼女自身に漂うオーラを感じとっていたからこそ、 このような形になった、という見方をすると、企業戦略の側面からしても、納得がいくところなのではないでしょうか。

現時点で、Kokiさんは、テレビなどのメディアに出演する機会が少ないこともあって、世間の評価が大きく分かれており、
定まっていない状態です。

果たして、Kokiさんは、ブルガリのアンバサダーという重責を担っていくことができるのでしょうか。

今後の活躍に期待し、注目していきたいところです。

終わりに

いかがでしたでしょうか?
今回は「Kokiがブルガリの顔になったのはなぜか?コネが関係していた!」について記事を書きました。コネと騒がれるのは木村夫妻がブルガリとの関係があったことはもちろん、Kokiさんがカメラマンさんを通してブルガリと関係を持ったといえば、コネなのかもしれませんね。
一般の人では絶対にありえない嫉妬心も交えてですが、コネというしかないかもしれませんね。
ただ、その美貌は15歳にしては出来上がりすぎていますので、今後の活躍にさらに期待が高まりますね!
ブランドイメージを良くするように頑張ってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です