【速報】キングオブコント2018!ハナコが優勝!

山本KIDのガンの余命は?もう末期のステージだった?心配の声相次ぐ

格闘家の山本KID徳郁(41歳)が8月26日、インスタグラムでがん闘病中であることを発表しました。
そして、9月18日にお亡くなりになりました。
この記事を書いている間に、お亡くなりになり非常に残念に思います。
少しでも、ご冥福の償いになればと思い、投稿させていただきます。

山本KID徳郁が痩せすぎ?番組欠席に心配の声も・・・

「山本“KID”徳郁」やけに細かったし格闘代理戦争も途中で出てこなくなったしやっぱり病気だったんだなー。しかもガンとは。 pic.twitter.com/I4dKqrHdAq — ひとちわ (@hitochiwa) 2018年8月26日

以前からファンの間では痩せ過ぎではないか?なにか体調に問題があるのではないかと噂されていた「神の子」山本“KID”徳郁。

もう試合結果出てるだろうけど格闘代理戦争の決勝今から見よ。ネタバレ見ないようにせねば…で、KIDはなんでいないの?🙄どんな理由があるにせよ受けた仕事なんだから顔は出すべきだと思うけどね。 — にゃらほい (@nyarahoihoi) 2018年7月14日

amebaTVの番組である「格闘代理戦争」から姿を消していたことも、
格闘技ファンの間では話題に登っていました。
当時はインフルエンザ感染などの噂が流れていましたが、
まさかこんな重大な異変が起こっていたとは・・・
格闘技ファンの予想を悪い意味で裏切る事態となってしまいました。。。
41歳とまだ若く、それゆえに進行状態が心配されます。
ガンは若いほど進行が早いと言われていますが果たしてどうなのか。
早期発見の上で治療している段階なのか、 それともある程度進行してしまっているのか、
続報が待たれます。

山本KID徳郁の癌(ガン)はタトゥーが原因?なにガンなの?

癌(ガン)の代表例としては、女性であれば「乳がん」などにかかる方が比較的多く、日々検診などで気にされている方も多いと思います。では、男性の場合はどんな癌が多いのか、ご存知でしょうか? ちょっと見にくいかもしれませんが画像をご覧下さい。男性におけるがん死亡率が高いのは、 1位.肺がん 2位.胃がん 3位.大腸がん という順位になっているみたいです。
★★★画像 部位別ガンの死亡率★★★
「神の子」山本“KID”徳郁さんのがんについて入ってくる情報を総合すると、肝臓がんなのではないかと推測されています。あくまで推測の域を出ませんので、本人の発表がない限り真実はわからないのです。それこそ「神のみぞ知る」ですね。

タトゥーのインクには発がん性成分がある。山本キッドもガンということは何らかの関係がなくはないはず。子供ができて直ぐにガンのリスクが高いことをする人はどうかと思う。困るのは残された子供を始めとした家族なんだよね。 — としにぃ (@toshio78) 2018年8月26日
タトゥーめっちゃ入れてるから、肝炎からの肝臓癌も考えられるけどどうなんだろ?最近タトゥーでの論議あるけど、入れる人はリスクをちゃんと考えてして欲しい — まーるん@NMLI愛知 (@maroon_nm7) 2018年8月26日

タトゥーを入れることの是非が話題になることも多くありますが、
その中には、タトゥーがガンの原因になるという説もあります。
インクの中に、有害な金属が含まれているためだそうです。
また、タトゥーを入れる際にやけどを負っている可能性があり、
MRIやCT検査ができない場合があります。
もしかしたら、山本“KID”徳郁さんも、それが原因でガンの発見が遅れた、
なんていう可能性もあるという話です。
また針の使い回しによる衛生面が原因で、肝炎やエイズに感染することも
少なくありません。 タトゥーを入れたことが原因で感染する病気として
考えられるものは下記になりますので、
タトゥーを入れることを検討されている人は注意してくださいね!
・肝炎(B型、C型)
・エイズ
・敗血症
・破傷風
・その他の皮膚病、肌トラブル
肝炎にかかることで肝臓に大きなストレスが与えられてしまい、
肝臓ガンに進行するケースもあるということです。
体の見える部分ほどんどにタトゥーが入っている山本“KID”徳郁さんですが、
もしかしたら、肝臓癌に侵されているのかもしれませんね。。。

スキルス胃がんの噂も・・・

ネット上では、上記のタトゥーの他に、プロテインや筋肉増強剤などの過剰摂取が原因で肝臓癌になったと噂されていますが、そのほかに「スキルス癌」なのではないか?という噂もあります。
スキルス胃がんとは
瀰漫(びまん)性(がん細胞が粘膜の下に潜るように広がりながら増えていく)に浸潤していく癌で、別名、硬癌(こうがん)ともいいます。 胃がん全体の約10%を占めるスキルス胃がんは、胃がんの中でもタチの悪いものとして恐れられています。その理由は早期の発見が難しいといわれているからです。なぜ早期発見が難しいかというと、がん細胞が粘膜の下に潜るように広がりながら増えていくため、表面の病変が小さいのです。
X線や内視鏡検査では一見すると正常な胃と区別がつきにくいらしい上に、がん細胞が粘膜の下にいるために粘膜を採取して観察してもがん細胞が見つからないこともあるのだとか。
スキルス胃がん、恐ろしいですね。。。

山本KID徳郁の癌(ガン)のステージや余命は?

山本“KID”徳郁さんは、インスタグラム上では癌の詳しい状況までは発表していません。 癌って一般的には悪い想像を働かせてしまいがちな、あまり公表しにくい病気だと思うので、インスタで発表するっていうのは、もしかしたらけっこう進んでいるということの証左なのかもしれません。これが私の妄想で済めばいいのですが。。。
ガンの場合、転移のスピードには個人差があるので何とも言えませんが、若い方のほうが移転スピードが早い傾向にあるみたいなので、山本“KID”徳郁さんも病院からは余命宣告などを受けている可能性もなきにしもあらず。。。
ご家族だけでなく、「神の子」山本“KID”徳郁さんを応援するファンは多く、心配の声が多数上がっています。ファンとしてはとにかく快方に進むことを祈りつつ、ご本人にはとにかく治療に専念して、病に負けないよう頑張ってほしいなと思っています。

山本“KID”徳郁だけではない!癌と闘った格闘家!

癌で亡くなられた有名人というと、小林麻央さんやイトキン(et-king)、遠藤賢司さんなど多くいらっしゃいますが、癌と戦った格闘家、というと個人的には「ガチンコファイトクラブ」で有名なボクシング世界チャンピオンの竹原慎二さんが真っ先に思い浮かびます。2014年に膀胱がんステージ4が発覚してびっくりしたので記憶に残っています。それでも今もご活躍中ですから、現代医学の力ってすごいなと感じますね。膀胱がんにはパンチは効きませんが 、自らの精神力と回復力で竹原慎二さんはステージ4の膀胱がんと闘い、経過観察中とはいえ公の活動を再開しています。世界的に有名なアスリートである竹原慎二さんがガンに打ち勝ったというのは、闘病中のみなさんをたくさん勇気づけたんじゃないでしょうか。 竹原慎二さんではありません。 元プロ野球選手の大島康徳さんもステージ4の大腸がんで現在も闘病中です。大島康徳さんもまた、日本を代表するアスリートのひとりでありますが、プロのスポーツ選手でも癌になるんだ・・・と当たり前かもしれませんがショックを受けた人でもありました。大島康徳さんは余命宣告を受けながら、現在もブログを更新しながら闘病生活を続けており、闘病も含めて人生観を語った著書も出されました。諦めずに頑張っている人がたくさんいるので、 山本“KID”徳郁さんにもガンをノックアウトすることを期待したいですね。パンチやキック、サブミッションは癌には通用しませんが、格闘技で大勢の観客を沸かせた強靭な肉体を作り上げた、過酷なトレーニングに耐える強い精神力が山本“KID”徳郁さんにはあります!! これまでに何度も苦しい思いをし、自分に負けそうな時もあったはずですが、諦めないで続けてきたからこそ強い強い山本“KID”徳郁がいたはずです。今度のリングは体の内ですが、絶対に負けないで元気になって欲しいですね。見事に癌をノックアウトし、リング上に帰ってくる山本“KID”徳郁さんに思いを馳せながら、回復を願ってやみません。

山本KID徳郁のプロフィール

職業:総合格闘家
本名:岡部 徳郁(旧姓:山本)
生年月日:1977年3月15日生まれ(41歳)
出身:神奈川県川崎市
血液型:B型
身 長:163cm
体 重:61kg
父親はミュンヘン五輪レスリング・グレコローマン日本代表の山本郁榮
姉・美憂、妹・聖子も世界レスリング選手権大会を制覇している
ニックネーム:「神の子」または「KID」
ニックネームの由来:本人曰く、「ミュンヘンオリンピックに出場した父親(山本郁榮)は自分の中では神。だから俺は神の子(KID)」「格闘の神様の子供」というもの

芸能人で癌(ガン)を克服した人はだれ?


癌を克服した芸能人として思い浮かぶのは宮迫博之さん。
検診でスキルス性の胃がんが発見されたということでした。
その時はステージ1aという初期段階でしたが、 その時に医師に、
「発見があと半年遅れていればどうなっていたかはわからない」
と言われていたそうです。 宮迫さんもその時42歳でした。
今の山本“KID”徳郁と同世代。
いわゆる「厄年」なのでしょうか。 どうか早期発見であってほしいですね。
辛い治療ではあると思いますが、ぜひ乗り越えて元気な姿を見たいですね!

終わりに

いかがでしたでしょうか?
今回は「山本KIDのガンの余命は?もう末期のステージだった?心配の声相次ぐ」について記事を書きました。
「神の子」の愛称で親しまれ、ファンも多い山本“KID”徳郁さんですから、多くの方が心配されていることと思います。
一日も早く快復の報告が聞けるといいですね。
こんな思いでこの記事を書いていました。

心よりご冥福を申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です