【速報】キングオブコント2018!ハナコが優勝!

大坂なおみ選手の表彰式の実際の様子は?

せっかく優勝した大坂なおみさんですが、表彰式でブーイングを浴びていたんです!

なぜ?

フェアプレーで大坂なおみさんが優勝したのにブーイングを浴びた本当の理由はなに?
ブーイングに対する海外の反応や大坂なおみさんへの海外の反応を調べましたので、チェックしましょう!

大坂なおみ表彰式の様子

問題となった観客によるブーイングが巻き起こったのは、大坂なおみ選手の表彰式の冒頭でのことでした。

会場中にブーイングが響き渡る中、悲しそうな顔を帽子で隠す大坂なおみ選手が見ていてとても気の毒ですよね。

ただこの動画を見る限り会場にブーイングが鳴り響いたのは最初だけで、セリーナ選手やなおみ選手の表彰が行われた際には、観客席からブーイングではなく拍手や歓声が沸いているのがわかります。””

でも、やはり大坂なおみ選手と同じ日本人としては納得できませんよね。
どうして最後まで正々堂々と戦い勝利を手にした大坂なおみ選手が、こんな理不尽で悲しい目に合わなければならなかったのでしょうか。

観客の気持ちも分からない訳ではありませんが、表彰式の際にはブーイングではなく、やはり最初から大坂なおみ選手の勝利を祝福して欲しかったなと思います。

このことはきっと大坂なおみ選手だけではなく、セリーナ選手にとっても複雑だったと思いますし、大坂なおみ選手のコーチやファン、また大坂なおみ選手の家族にとってもつらい出来事であったことでしょう。

大坂なおみ選手は自身へのブーイングと勘違いし、コメントしていた!

表彰式では「みんなセリーナを応援しているのは分かっている。こんな結果になってごめんなさい」と勝者らしからぬ言葉を発して涙した。
引用:大坂なおみがかわいそう 米メディア「全米テニスがしたことは恥ずべきこと」

優勝者にこんなコメントをさせてしまうのは本当にかわいそうですね。

大坂なおみ選手にとっても、この出来事は本当につらかったはずです。
しかしそれでもこうしてブーイングを起こした観客の気持ちを理解しようとし、インタビューに真摯に答えようとする大坂なおみ選手の姿からは、その誠実な人柄が窺えます。

表彰台という場所は、勝利を手にした者だけが立てる特別な場所です。
また勝利した選手が純粋に喜びを、また笑顔を表現する場でもあります。

そんな特別で神聖な場所で、選手に喜び以外の別の涙を流させてしまったことは本来あってはならないことです。

ましてやそれが観客によるブーイングによるものであるなど普通は考えられないことであり、今後はこんなことが絶対に起こらないように観客側も考えていかなければならないと思います。
大坂なおみの父親の職業・仕事は何?両親は離婚してる?

観客によるブーイングの本当の理由とは?

実は今回の表彰台での観客によるブーイング騒動は、大坂なおみ選手に対するものではなかったことがのちにわかっています。

ただ表彰台という場で観客にブーイングされたら、セリーナ選手を破って優勝した大坂なおみ選手へのブーイングであると思われても仕方がありませんよね笑

実際に大坂なおみ選手も自身へのブーイングだと勘違いしてコメントしていたぐらいですから。

では、そもそも今回のブーイングは一体誰に対してのものだったのでしょうか。
実はこのブーイングが起こった原因は一つではなく、圧倒的な強さを誇るセリーナ選手へのファンの思いや選手自身の言動や行動、また審判に対する不満などさまざまな要素が複雑に絡み合って起こったものであるようです。

では一体試合中にどんなことが起こっていたのでしょうか。
以下では表彰式での観客のブーイングの原因になったと思われる事柄を挙げていきたいとて思います。

セリーナ選手の応援が圧倒的に多かった!

まず観客によるブーイングが起こった一番の原因として考えられるのは、観客席を占めていたセリーナ選手と大坂なおみ選手選手のファンの割合です。

今回の試合会場においては、世界ランク1位のセリーナ選手のファンが圧倒的に多く大坂なおみ選手にとっては圧倒的にアウェーと言える状態だったのは確かなようです。

そんな状態ですから、大坂なおみ選手がどんなに実力があってもきっとセリーナ選手は必ず勝ってくれるに違いない、という思いがファンの間でかなり強かったのではないでしょうか。

ましてや今までこの大会で日本人が優勝したことは過去に一度もなく「万が一途中で逆転されることはあっても、最後にはきっと勝ってくれるだろう」という楽観的な思いもあったのかもしれません。

ですのでまさかセリーナ選手が大坂なおみ選手に負けるなんて、ファンにとっては青天の霹靂(へきれき)だったに違いありません。

このことからも、まず会場に圧倒的にセリーナファンが多かったことが、ブーイングが起こった一つの要素であったとも言えます。
大坂なおみの祖父母は金持ち!家が豪邸!祖父の仕事は漁協組合長?

セリーナ選手の試合中の言動や行動

また今回の試合では、セリーナ選手が審判に抗議するシーンが何度見られましたよね。

まず最初に、試合中にコーチからジェスチャーで助言を受けたとセリーナ選手が審判から警告を受けています。

テニスでは本試合においては、試合中の選手とコーチとのコミュニケーションは禁止されているそうです。

この警告について、セリーナ選手は審判に抗議しています。

二つ目は、試合中にセリーナ選手が怒りに任せてラケットを地面に叩きつけ破壊したことで、再び審判から警告を受けています。

ここでもかなり感情むき出しの様子を見せるセリーナ選手は、一流選手としての冷静さを見失っているようにも見えます。

もちろん負けず嫌いな性格はプロのスポーツ選手にとっては必要な要素ではありますが、あまり行き過ぎはもちろんよくありません。

しかしここでも、セリーナ選手は審判陣にかなりの抗議をしてしまいます。

第7ゲームの終了時にはさらにかなりの猛抗議をしたようで、審判に対する暴言として3回目の警告を受けています。

結局度重なる警告のため、ゲームペナルティとして第8ゲームを落としてしまい、試合が終了してしまいました。

このこともセリーナ選手のファンの怒りに火を付けてしまったようです。

警告を与える審判への不服

今回の表彰台でのブーイングの本当の理由は、セリーナ選手が審判に対しかなりの猛抗議をしたことにより観客もヒートアップし、ブーイングを起こしたというのがそもそもの原因のようです。

しかもセリーナ選手は試合に負けてしまうのだから、ファンのブーイングは止まらないわけですよね。

さらにセリーナ選手が世界ランク1位という実績の選手であること、またこの試合においてセリーナ選手のファンが多かったことなどもあり、観客の審判陣へのブーイングは表彰式中も続いてしまったようです。

紳士のスポーツとも呼ばれているテニスの試合で、このようなブーイングが起こること自体どうなのかとも思いますが、素晴らしいのは大坂なおみ選手のその後の対応です。

「私は少し悲しかった。実際に私に対してブーイングしているのか、期待していた結果に終わらなかったからなのか、分からなかった。そして、私は(ファンに)共感もできるの。私も人生ずっとセリーナのファンだった。観衆もどれだけセリーナに優勝してもらいたいのか分かっていた。私にはよく分からなかったけれど、彼女もすごく感情的になっていたから」

引用:大坂なおみ、全米お茶の間に届けた“品格” 国民的番組出演で反響「美しく純粋だ」

観客のマナーの問題点も指摘される表彰式での出来事に対し「共感できる」とコメントする大坂なおみさんの純粋さが素晴らしいですよね。

さらに「セリーナと全米の決勝で対戦する夢がありました。それがかなってうれしいです。プレーしてくれてありがとう」とセリーナにお辞儀をするなど、これぞ神対応!とよべるような素晴らしい謙虚さも見せています。

大坂なおみ選手のこのコメントや行動は日本だけでなく世界でも称賛されているようです。””

観客のブーイングに対する海外の反応は?

実は海外でも、今回の米国のテニスファンのブーイングに対しては批判する声が多くあるようです。

ネット上では「審判へのブーイングって言うけど、試合後の表彰の段階でブーイングし続けるっておかしくない?」、「米国のファンにがっかりした。審判へのブーイングも祝福の場ではやめるべき。大坂なおみがかわいそう。優勝の会見で悲しみの涙なんて前代未聞だよ。恥を知ったほうがいい」と痛烈な批判の書き込みも見られた。アメリカ国内でもメディアがセリーナと観客の態度を批判した。

引用:大坂なおみも会見で涙 ブーイングやめない米国ファンに批判殺到

そもそもブーイングすること自体に対する疑問もありますよね。

ブーイングを受けると余計に怒りが増し、選手もファンも冷静さを失ってしまう気がします。

むしろ審判に采配に不服があった時にこそ、「頑張れー!負けるなー!」という前向きな応援の言葉をかけた方が、選手にとっても力になるのではないでしょうか。

ただ今回の件では、大坂なおみ選手のブーイングに対する対応、また記事会見のコメントに対して称賛する声も多く見られます。

「ナオミは勝利者だ。称賛に値する。ナーバスになるところもすごくキュートなんだ」
「あまりに美しく純粋だ」
「この若き女性の謙虚さはアメージングだ。頑張って」
「ナオミはなんて可愛らしいの。あまりにキュートで誠実。何度でも試合を見たい。ブラボー、小さな天使。みんな愛してるわ」
「いまや彼女のファンです。彼女は本当に話も上手いし、可愛い」
「なんて落ち着いた少女なの。神のご加護あれ」
「彼女は王者。謝罪なんて必要ない」
「みんな彼女のことをシャイだと言う。彼女は日本人。彼らは礼儀正しく、振る舞いも素晴らしい。彼女のことを愛しています」

引用:大坂なおみ、全米お茶の間に届けた“品格” 国民的番組出演で反響「美しく純粋だ」

元々少し天然で、可愛らしくキュートな一面を持つ大坂選手。

それに加え、謙虚さや真摯さ、そして強さを兼ね備えた選手となった今、彼女のファンはこれからますます増えていきそうですよね。

終わりに

いかがでしたでしょうか?
今回は「大坂なおみ選手の表彰式の実際の様子は?
」について記事を書きました。
私は正直大坂なおみ選手についてはあまり詳しく知らなかったのですが、彼女の観客のブーイングに対するコメントやその真摯な様子から、すっかり大坂なおみ選手のファンになってしまいました。

これからも彼女の活躍に注目し、応援していきたいなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です