【速報】キングオブコント2018!ハナコが優勝!

本田圭佑メルボルン(オーストラリア)での背番号や年俸は?

7月31日付でオーストラリアのメディアが本田圭佑がメルボルン・ビクトリーへ移籍した事が決定したと報道しました。
気になる本田圭佑のオーストラリアのチームでの背番号や年俸はどうなるのでしょうか?
メキシコで02の背番号でしたが10番とかになるのか?
年ぽも好待遇だという話ですが一体いくらなのでしょうか?
いっぺんに調べたので見てくださいね!

本田圭佑メルボルン(オーストラリア)の年俸は?

昨シーズンはメキシコでプレーした本田の成績は、29試合10得点と2桁得点をマーク。

メキシコでケイスケ・ホンダを見せつけたシーズンでしたね。

そんな本田の次の活躍の場はオーストラリアです
オーストラリアと言えば、優勝体験をしている小野伸二が以前プレイしていた国です。

オーストラリアでの本田の年棒は290万ドル(約2億4000万円)の1年契約。

ミラン時代:年俸約7億円
パチューカ時代:年俸4億5千万円

本田圭佑の髪型の最新版はパチューカの地、メキシコで大流行? 本田圭佑の髪型の頼み方はどうする?七三からツーブロックまで紹介!

一見すると年俸が下がってるようにみえますが、超有名選手が揃うセリエAや欧州リーグの年棒は、世界的に見てもダントツに高額年棒なのは当たり前です。

そんな中メキシコリーグも平均年棒が高いことが有名なのは知ってましたか?

アメリカに不法移民する人が後を絶たない低賃金労働のメキシコなのに、サッカーリーグの年棒は異様に高いんです。

だから、メキシコリーグにいる選手たちは、海外リーグに誘われても、年棒が下がってしまう場合もあるので、移籍をしない選手が多いそうです。

欧州リーグやメキシコリーグに比べるとオーストラリアリーグの年棒は、かなり差があるように見えますが、それでも年棒は2億円を超えているんですよ!

お金事情に苦しいJリーグでは日本代表クラスの年棒が1億~1億5千万円ですから、オーストラリアの年棒がかなり安いというわけではないのが分かりますよね。

ちなみに、小野伸二が本田と同じくらいの年齢の時に、オーストラリアのウェスタン・シドニー・ワンダラーズに移籍した時の年棒が4800万円でした。

本田は2億円越えで小野より5倍以上ももらっていることから、実力は世界リーグでも認めてられているということは年棒の面から見ても明らかですよね。

ワールドカップで途中出場が多かったにも関わらず、ゴールやアシストなど活躍していたことが年棒に反映する上での良い判断材料になったんでしょう。

メルボルンの成績

本田が今シーズン所属するメルボルンVはAリーグの中でも、最も成功しているクラブと言われています。

Aリーグ優勝は4回で昨シーズンも優勝しています。
現在も4位につけている豪州のトップチームが本田に声をかけたということは、本田の力が必要だということの証明ではないでしょうか。

本田圭佑メルボルン(オーストラリア)の背番号は?

本田圭佑の子供何人?三人目を産んだ嫁との馴れ初めも紹介! 本田圭佑の家族構成は?妻や子供が養子の噂も調査!

オーストラリア・Aリーグのメルボルン・ビクトリーは6日に本田の加入を発表しました。
契約期間は2018~2019シーズンの1年間で、「クラブ史上最大の契約」と公式HPに掲載されています。

15日に入団会見が行われ、その時にはまだ本田の背番号は決まっていませんでしたが、後に正式な背番号「4」に決定しました。
これは日本代表の時と同じ背番号です。
ワールドカップと同じ活躍をオーストラリアでも見せてほしいですよね。

歴代の背番号

名古屋グランパス(日本)時代:39番、24番

VVVフェンロー(オランダ)時代:29番、10番

CSKAモスクワ(ロシア)時代:18番、7番

ACミラン(イタリア)時代:10番

CFパチューカ(メキシコ)時代:02番

歴代の本田の背番号をみると、特に背番号にこだわっているということは見受けられません。

しかし、唯一背番号にこだわったのはACミランの時の「10番」でした。
セリアAで背番号10番を背負う事を小学校の文集に夢として書いていたことは、皆さん知っているんじゃないでしょうか。

本田圭佑メルボルン(オーストラリア)とJクラブと対戦?

2005年オーストラリアリーグが開幕してから、最も成功を収めてきたのがメルボルン・ビクトリーです。
これまでの13シーズン中4回優勝とリーグ最多で、昨シーズンも3年ぶりの優勝を果たしています。

昨シーズン優勝したことで、メルボルン・ビクトリーは、2019年AFCチャンピオンリーグ(ACL)の出場権を獲得しています。
オーストラリアリーグは秋春制で開催されるので、春秋制で開催されるACLにはシーズンを終えた時点で1年後の出場券を獲得したことになります。

オーストラリアリーグの優勝チームはグループリーグからの出場となるので、メルボルン・ビクトリーは東地区の4グループのいずれかに入ります。
もしかすると、Jリーグのチームが同じグループで戦う事になるかもしれませんね。

リーグ4チームがグループリーグ出場権を獲得すれば、いずれかのチームがメルボルン・ビクトリーと同じグループで戦う事になるのは確実です。
しかし、これまで「3+1」だったJリーグからの出場枠は、来期から「2+2」に減少されています。
今期J1の3位チームだけでなく、2位チームもグループリーグ出場権を賭けて、プレーオフから戦わなければいけないという状況です。
グループリーグから出場できるのは、J1優勝チームと天皇杯優勝チームの2チームだけとなります。

昨年のFIFAクラブワールドカップでは本田が所属していたパチューカが浦和レッズと対戦出来た可能性もあったんですが、浦和が準決勝進出を逃したため、本田が日本勢と戦う姿を見ることができませんでした。
来期はACLで本田がJリーグクラブと対戦するのを見ることができるかもしれません。
それを楽しみに今シーズンの本田の活躍を期待したいですね。

終わりに

いかがでしたでしょうか?
今回は「本田圭佑メルボルン(オーストラリア)での背番号や年俸は?」について記事を書きました。
メキシコのパチューカ時代に叶わなかったJリーグクラブとの対戦で本田の活躍を見ることができるかもしれません!
東京オリンピックを目指すと宣言した本田圭祐が、自らの成長を信じ止まることなく、さらに高みを目指して進化し続けるはずです!
まずはオーストラリアで本田節が炸裂する活躍やゴールを期待しましょう!
自分に厳しく常に前を向いて成長し続ける本田の姿は若手にもいい刺激となるでしょうし、その姿はいつの日かレジェンドとしてかっこいい見本となることでしょう。
今後の本田の活躍に目が離せませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です