【速報】キングオブコント2018!ハナコが優勝!

キムタク(木村拓哉)の長女に障害(ダウン症)の噂は嘘?は本当!!

キムタクの長女は障害がある?こんなデマかせ情報が一昔前に出回っていましたが、障害なんてありません!
キムタクのメディアに対する対応が優しすぎるから長女が障害なんて噂されてしまったんですよね。
今回はそのデマが完全な嘘であることを証明したく記事にしました!

キムタクの娘(姉妹)は誰?

あまり家庭のことを公にしていないというかできない木村拓哉さんですが、現在2人の娘の父親です。
長女:木村心美(ここみ) 生年月日:2000年5月1日
次女:木村光希(みつき) 生年月日:2003年2月5日
木村拓哉さんと工藤静香さんが結婚した当時は衝撃でしたが、お二人の娘がもうすでに18歳と15歳とはさらに驚きですね。
月日が立つのが早すぎてびっくりですねー。 長女の心美さんは現在、フルート奏者を目指して私立の名門女子高校に通っているそうです。
▶︎木村心美の美人すぎる現在の顔画像!
フルートのコンテストで最優秀賞を獲得するなど、音楽家としての将来を期待されているらしいです。
海外に音楽留学するという噂もあるので、もしかしたら高校卒業後は海外の大学で学ばれるのかもしれませんね。
次女の光希さんはKoki,という名前で「エル・ジャポン」7月号でいきなり表紙を飾り、鮮烈なモデルデビューを果たしました。
本名は「みつき」だそうですが「こうき」として芸能活動をしていくそうです。
15歳とは思えない大人びた雰囲気に加え、かっこよさとスタイルの良さですでに話題になっていますね。
インスタグラムは5月24日開設、現在のフォロワー数がなんと124万人と驚異的な数字をたたき出しています。
ちなみにKoki,さんのフォロー中のユーザーは、エル・ジャポン、ブルガリ、母親である工藤静香さんの3人です。
現在、15歳の光希さんですが身長は170センチで工藤静香さんのスタイルの良さと整った顔立ちは木村さんのオーラを受け継いでいる感じ。
顔だけ見ると木村さんにそっくりです!ホクロの位置まで一緒w
木村拓哉女バージョンですね。
エル・ジャポンのインタビューでは、自身のチャームポイントについて「目と、両目にあるホクロ」とし、両親と同じ場所にホクロがあることから「ホクロは両親それぞれからもらったギフト」と答えています。
なんてかっこいい受け答えなんでしょう!表現まで洒落ていますね。
そんな心美さんも光希さんも小さい頃からインターナショナルスクールに通って、英語とフランス語を身につけています。
光希さんは現在、スペイン語も勉強しているんだとか。
さすがキムタクの娘たちって感じですねー。すごすぎる。
2人とも小さい頃からフルートやピアノ、バイオリンを習っていて光希さんもフルートで優秀賞を獲得しています。
さらに、光希さんは中島美嘉などにも楽曲提供しているそうなんです!
ええー。15歳にしてすでに作曲家。
顔も可愛くてスタイルの良さに音楽の才能に、語学も堪能とは、天は二物を与えずとはこのことですね。
木村さんと静香さんの教育の賜物といえばそうですが、本人も相当な努力をしているんでしょうね。
まあ両親にかなりの経済力があるから、子供にいろんな習い事をさせることができるんですけどね。。
小さい頃から静香さんが娘たちを習い事に連れて行く姿がスクープされていたりして、本当に家族ぐるみで教育に熱心に取り組んでいたんだなと思いました。

キムタクの長女に障害(ダウン症)の噂は嘘?

キムタクの長女が障害(ダウン症)と噂される理由は?

木村拓哉さんの娘は小さい頃にダウン症で病気なのでは?
障害があるのでは?などという噂が流れました。
この噂ってネット上でもかなり噂になっていたのです。
ネット上にある噂をまとめてみると、
・長女の心美さんがダウン症である
・岐阜の病院に入院している。近くのスーパーで木村拓哉さんと静香さんを見た
・次女の光希さんがダウン症なのでは?
・静岡の子供病院に入院していると聞いた など様々な噂が飛び交っています。
うーん。本当なんですかね。
ダウン症の治療とかだったら東京の方がいい病院がありそうな気がしますが・・
心美さんの姿をあまり外に見せないようにと岐阜や静岡の地方の病院に入院させているってことなんでしょうか。
病院に関しては、岐阜や静岡以外にも長野県の松本市や岐阜県の多治見市などの情報もありこれ!っていう確定的な情報がありません。
いくつものサイトで木村拓哉さんの娘はダウン症なのでしょうか?という質問が上がっていますので回答をまとめてみますね。

噂になっている岐阜の病院の知り合いは、木村くんの娘さんはいないよ~!と言っていました

静岡の子供病院全国的にも有名で重症の子供を受け入れているそうです。あり得る話かもしれませんね。

なんとなくガセネタっぽくないですか?

子ども病院なら世田谷に最先端の専門病院があるはず・・・わざわざ東海地方に来るの?

工藤静香のディナーショーで娘たちをみましたが、すっごくかわいかった!ダウン症ではなさそう

木村拓哉さんの娘さんに関しては、ほんっとにいろんな噂があるみたいですねー。 他にも、

岐阜市の国立長良医療センターに次女がダウン症&心臓病で入院している

みたいにはっきりと書き込みされているものもあったりするので、本当なのかな!?って思っちゃいますね。
・岐阜県各務原のイオンでキムタクがパンを買っていた
・岐阜市内のバローというスーパーで買い物をしていた
・岐阜市内のマンションを借りて住んでいる
・岐阜で通っていた医師はその後、浜松に転勤になりキムタクも静岡に通うようになった などなどなど!
これだけ噂があるとなると、もしかして娘さんがダウン症なのは本当なのかな・・って思えてきそうですですよね。
というか岐阜にキムタクを引き寄せるいったい何があるんやー!ってなりますよね(笑)

キムタクの長女が障害(ダウン症)の噂は完全に嘘!

結論から言うと木村拓哉さんの娘がダウン症だという事実はウソのようです!
ここまでいろいろ噂を拾いましたが、すいません。。。
ただ、木村さんが岐阜県でよく目撃されたのは本当だそうです。
普通だったら、芸能人である木村拓哉さんが岐阜で見られることはかなり珍しいはず。
木村さんが岐阜にいるなんて普通じゃない!
東京に住んでいてもなかなか芸能人にお目にかかれませんしね。
だから、娘さんがダウン症っていう噂があるからきっと治療のために来ているんだ! って、憶測が憶測を呼んだみたいです。
岐阜と東京は絶妙な距離ですしね、一般人が色々発展して勘ぐってしまったのかもしれません。
なぜ木村拓哉さんの岐阜県での目撃情報が多いのかというと、 SPACE BATTLESHIP ヤマトのロケだったようです。
SPACE BATTLESHIP ヤマトは木村拓哉さんが主演を務めた映画ですね。
この映画に登場する地球防衛軍地下ドックは岐阜県揖斐川町にある横山ダムの内部で行われました。 ですので、木村さんを岐阜市で見かけたとか各務原のイオンで見かけたっていうのはありえる話ですね。
他にも岐阜県多治見市の粘土採土場では古代のレアメタル採取地の撮影が行われました。
多治見市での目撃情報が出たのも、娘のダウン症の治療ではなく映画の撮影ってことですね。
他にも静岡の病院なのでは?という噂なのですが、木村拓哉さん、工藤静香さん夫妻はサーフィンが大好きで波乗りのためによく静岡にも行っているそうです。
浜名湖近くのリゾートマンションを持っているという噂があったり、浜名湖以外にも遠州浜や御前崎海岸でサーフィンをしているのを見かけたなどの目撃情報が多いようです。
そう考えると、木村さんと静香さんがサーフィンをしに行った時に目撃されただけなのかなと思います。 木村拓哉さん、工藤静香さんの娘に関しては小さい頃から情報がほとんどありませんでした。
2人とも家族のことや娘のことをテレビであまり語らなかったというのもあって、実はダウン症や病気で子供のことを語れないのでは?という憶測につながっていったようです。
どこからダウン症という話が出てきたのでしょうね。
芸能人の中にも子供のことは全く語らない方もいらっしゃるし、子供をテレビに出演させる方もいたりとそれぞれのスタンスがありますよね。
木村さんは仕事とプライベートはきっちり分けるタイプだったのかなと思います。
あとまあなんといってもジャニーズのアイドルですし、ファンの手前、所帯じみた父親感を出すのは禁止されているんでしょうね。
同じジャニーズ事務所の後輩であるV6の井ノ原さんも3月まで司会を務めていたあさイチで、たびたび子供の教育について語る場面がありましたが、自身のご家庭の話は一切しなかったですし、事務所的に家族の話はタブーであったのかなと思います。

静香さんは娘さんが小さい頃から「親の七光りと言われないように自立した子供に育てたい」と語っていたので、娘さんたちのことはあまりテレビで語らなかったんでしょうね。
できちゃった結婚でしたし、順風満帆な幸せ家族の話をしてキムタクファンの逆鱗に触れてはいけませんしね。
さらには、高校生になった長女・心美さん、モデルデビューをして次女・光希さんの画像を見てもダウン症の方の顔つきにはみえません。
ダウン症であれば、顔に特徴が出ますが小さい頃の心美さんはダウン症の顔つきにはみえませんよね。
木村心美 ということで、木村拓哉さんの娘がダウン症で障害があるという噂はガゼネタのようです。
娘さんたちの情報があまりに伝わっていないことからダウン症なのでは?という憶測が広がって、そこに木村拓哉さんの地方での目撃情報が絡まって広がった噂だと思われます。
噂なんて全然気にしていないかもしれませんが、木村さんご家族にとっては迷惑な話ですよね。

キムタクの長女の高校はどこ?

2001年5月1日に生まれた、キムタク・静香夫妻の長女が“心美”という名前になったことは、今ならパンダの名前がシャンシャンに決まった時と同じくらい、当時話題になりました!
名前の由来は『美しい心を持った女性になったほしい』との事です。
幼稚園は『アオバジャパン・インターナショナルスクール』に通っていたそうです。
名前のここは高校までの一貫校でしたが、進学はしなかったようです。
長女の写真が流出しています。 (出典:http://wowpagos.com)
幼稚園時代の写真ですが、同年代の子供は知らなくても、保護者や教職員はキムタク・静香夫妻の子供だと知っています。
どこから流出しても、おかしくはないんですよね~(><)
みんなが好奇の目で見るのですから、いい環境とはいえなかったのかもしれませんね。
小学校からは『ブリティッシュ・スクール・イン・トウキョウ昭和』という中高一貫のインターナショナルスクールに通っていたと言われています。
この学校は学校名に“ブリティッシュ”とつくだけあって、入学資格は『イギリス国籍を有する児童』もしくは『多国籍の児童で英語が堪能であると校長が認めた者』とあります。
インターナショナルスクールに子供を通わすことには、世間では賛否両論あります。
芸能人である以上、子供を守る意味でもインターナショナルスクールに通わせる選択をしたのなら、『ブリティッシュ・スクール・イン・トウキョウ昭和』は正解だったのではないでしょうか。
そう多くない日本人は、外交官の子供など帰国子女が占めているんだそうです。
心美さんの同級生もどんなメンツが揃っているのか気になりますね。
超有名芸能人を両親に持っている姉妹には、普通の子供として過ごせる心地よい環境だったのではないでしょうか。
けれど、この平穏だろう生活に動きがあります。
2018年4月。音楽科のある日本の高校に、長女の心美さんは入学したと報道されました。
通っていたインターナショナルスクールは、日本の学校と違い9月スタート。
卒業は夏なので、心美さんは本来なら2018年夏に卒業する予定だったはずです。
入学式に工藤静香さんが次女の光希さんと出席したと報道されているので、編入ではなく新一年生として入学したということでしょうか。
長女・心美さんは、フルートを勉強しているそうです。
小学六年生の時には、山野楽器が主宰するジュニアフルートコンクールで、最優秀賞を受賞しています。
小中学生が出場できるコンクールなので、そこからも実力のほどがうかがえます。
音楽関係者は「6 年生とは思えない、とても美しい音色だった」というブログに綴っています。
この時に、次女の光希さんも優秀賞を受賞しています。
音楽の才能も、姉妹は受け継いでいるのですね。すばらしいです!
二年前の夏には家族で、パリへ“フルート旅行”に行ったと報道されました。
フルートで留学するとの情報もありました。けれど、心美さんは音楽科のある日本の高校へ進学することに。
高校名がどこか話題になりましたね。インターナショナルスクールに通っていたため、日本の学校なら今年は高校二年生。
高校に入学したのなら、一年遅れになってしまっているはずです。
高校名が話題になった、心美さんが入学した高校は“都内有数の難関校”で、“フルートを専攻”、“有名音楽家を多数輩出”していると、報道されています。
そこから推測し高校名は『桐朋女子高等学校音楽科』だと噂されています。
難関と言われていますが、音楽科の競争率はそんなに厳しくありません。
けれど、フルートの実力はもちろんですが、普通に学校で学ぶ以上の音楽の専門知識がなければなりません。
年齢的に高校だと思い込んでいますが、実は高校名ではなく大学の『桐朋学園大学』という可能性があります。『桐朋学園大学』には、中学卒業以上というのが出願資格になっている“ソリスト・ディプロマ”というコースがあり、このコースの専攻にはフルートがあるからです。
この“ソリスト・ディプロマ”コースは、桐朋学園大学音楽学部が1973年に設置した「ディプロマ・コース」の一つで、ソリストとしての将来性を有すると認められた者を対象として、高度な専門教育が行われます。
在籍者の中には、普通高校に通いながらの「ダブル・スクール」を実践している学生や、演奏活動と両立させている学生もいるそうです。
ですので、ここならインターナショナルスクールに通いながら、通学できるのです。
受験した人が全員合格している年もあるのですが、半分が落ちている年もあります。定員でなく実力の世界だからでしょう。
2015~7年の三年間は、フルートで合格者は出ていません。
将来は声優になりたいと、夢を語っていたこともある心美さんですが、今はプロのフルート奏者が夢なのかもしれませんね。
妹さんのkoki,さんが先に芸能界にデビューしましたが、心美さんもメディアに出てくる日はそう遠くない未来かもしれませんね。

キムタクの次女がモデルデビュー!ブルガリ最年少アンバサダー就任?

キムタクの次女・光希さんが“Koki,”の名前でモデルデビューしたのは、衝撃的でしたよね。
普段は外国人モデルを器用している『ELLE JAPON』が、無名の新人日本人モデルが表紙になったのは前代未聞。
また、イタリアを代表するジュエリーブランド・ブルガリの日本人初かつ世界最年少アンバサダーにも就任し話題になりました。
トップモデルになる道を着実に歩み、キャリアアップしていますね。
そのことで親の力が働いたんじゃないかという、心ない声もあります。
けれどあの存在感は、親の七光りで出せるものではありません。
キムタクに似た整った顔立ちに、工藤静香さんに似たスタイルの良さ。
そして、あどけなさの残る笑顔に、キムタクファンも工藤静香さんのファンも、ファンでなくても二人の結婚を知っている人たちは、久しぶりに会う我が子を見る思いなんだそう。
SMAP解散騒動で、木村拓哉さんの株は下がり、工藤静香さんにいたっては嫌いな女性芸能人1位にまで選ばれてしましましたが、Koki,さんの鮮烈デビューがすべて帳消しにしてくれたような気がします。
ただ単にかわいいだけではない、Koki,さんの持つ底知れぬ魅力がそれほど日本全国に衝撃を与えました。
ネットでもKoki,さんの美貌に、「きれい!」「もろ好みッス」「Koki,ちゃんカワイイ」といった声が溢れています。
長女の心美さんと同じく、フルートの演奏もします。
中島美嘉さんの曲や、お母さんの工藤静香さんの曲を、モデルデビューより前に作曲していたことも明らかになりました。
自宅には防音設備のされた部屋があり、音楽に24時間触れられる環境が整っているというのは、羨ましいですね。
まだ15歳のKoki,さんですが、身長170センチでまだ伸びているというのも驚きです。
身長がもっと高くなれば活躍の場が世界にも広がりますよね!
今でも十分すぎるほどかわいいですが、まだ15歳ですし、これからどんどんキレイになっていくのが楽しみです。
Koki,さんは2003年2月5日生まれ。本名は“光希”と書いて“みつき”と読みます。
名前の由来は『光輝く希望を持って生きてほしい』との事。
“みつき”の“つ”の発音が、外国人には難しいらしく、工藤静香さんの発案で“Koki,”になったそうです。
現在は工藤静香さんの個人事務所所属になっているそうなので、仕事内容もプロデュースも、すべて静香さん主導かと噂されています。
小学生の時から中高一貫教育のインターナショナルスクール『ブリティッシュ・スクール・イン・トウキョウ昭和』に通っているので語学ももちろん堪能です。
お母さんの静香さんとは一緒にお菓子作りをしたり、海釣りをしたりと仲も良好。女の子の欲しいものを全部持ってる、多彩過ぎる…どれだけ最強なんだ…そんなイメージのKoki,さん。
すでに都内では目撃情報もありますが、カメラにかなり敏感になっていたとのこと。
キムタク譲りの目力なので、チラ見も睨んでいるように見えないか心配してしまいます。
まあ睨んじゃってもその生意気な感じが普通の女の子って感じで、逆に好感持てますけどね(笑)
デビューの反響は予想以上で、Koki,さん自身が戸惑っているかもしれません。
まだまだ、公表されている以外の写真は、親と一緒のものばかり。
エピソードもこれからは、いろいろ聞こえてくるかもしれないですね。 ★★★関連記事★★★

キムタクのプロフィール

木村拓哉さんは1972年11月13日生まれ45歳
東京都出身で身長176cm、血液型はO型。
ジャニーズ事務所に入ったきっかけは、中学生の時に叔母が勝手に履歴書を送ったため。
中学卒業後、千葉県の犢橋高校に1年ほど在学し、その後都立代々木高校に転校。
のちにマツコ・デラックスが犢橋高校の同級生だったということが判明しました。
20代中頃よりドラマ出演が増え、主演した多くのテレビドラマが高視聴率となり、「視聴率男」と言われるようになりました。
代表作に「あすなろ白書」「ロングバケーション」(1996年)「ラブジェネレーション」(1997年)「ビューティフルライフ」(1999年)「HERO」(2001年)「華麗なる一族」(2007年)など多数あります。
連続ドラマ初主演の「ロングバケーション」では瞬間最高視聴率43.8%を記録するほどの大ヒット。
当時月曜日の夜はOLが街から消えるといわれるほどの社会現象になりました。
また木村拓哉さんがドラマ内で身に着けたアイテムが大ヒットしています。
「ラブジェネレーション」の放送時には、ロレックスのエクスプローラーがブームに。
「ビューティフルライフ」では劇中で乗っていたヤマハTWも納車まで数か月待ちとなるほどの人気に。
「HERO」の久利生検事のトレードマークであるBathing APEのダウンジャケットを身に着ける若者が増えるなど、ドラマを通して様々なブームを木村拓哉さんは作り上げてきました。
1994年より5年連続でベストジーニスト賞を受賞し、殿堂入りも果たしています。
1994年より2008年まで雑誌ananの抱かれたい男に15年連続で1位に輝いています。
2000年11月人気絶頂のさなか、工藤静香さんとできちゃった結婚をし、2人の娘さんをもうけています。
2017年にSMAPが解散し日本に衝撃が走りました。
解散後もドラマ、映画、CMに引っ張りだこの木村拓哉さん。
現在は全盛期ほどの勢いはありませんが、それでも出演するドラマは高視聴率を出し、ちょっとした発言も話題にあがるのでまだまだ人気は衰えていません。
アイドル木村拓哉がどのように年齢を重ねていくのか楽しみですね!

キムタクの嫁・工藤静香のプロフィール

工藤静香さんは1970年4月14日生まれの48歳
東京都羽村市出身で身長163cm、血液型はB型。
中学2年生の時に「ミス・セブンティーンコンテスト」(18万325人)に出場し、特別賞を受賞。
高校進学後、「夕焼けにゃんにゃん」のオーディションコーナーで合格し、おニャン子クラブの会員番号38番となります。
おニャン子クラブからソロ歌手デビュー後、次々と大ヒットを飛ばし、代表曲は『抱いてくれたらいいのに』(1988.03.02)『FU-JI-TSU』(1988.06.01)『MUGO・ん…色っぽい』(1988.08.24)『黄砂に吹かれて』(1989.09.06)『くちびるから媚薬』(1990.01.10)と、出す曲出す曲が話題となりましたね!
2000年にSMAPのメンバーである木村拓哉さんと結婚。この時妊娠4ヶ月だったそうです。
2001年に長女・心美さん、2003年に次女・光希さんを出産。
アーティストとしての才能もあり、ラスベガスで自身のプロデュースする宝飾ブランドを経営しているそうです。また2010年には「二科展」絵画部で描いた油絵が特選受賞。
昨年ソロデビュー30周年を迎えた工藤静香さん。
次女koki,さんのプロデューサーとしてもお忙しそうですね!
今後の工藤静香さんのママとして活動、歌手としての活躍、妻としての行動も期待したいです!

終わりに

いかがでしたでしょうか?
今回は「キムタク(木村拓哉)の長女に障害(ダウン症)の噂は嘘?は本当!!」について記事を書きました。
そもそもどうしてこのようなデマが広がったのでしょうか?
静岡や岐阜で度々目撃情報があったこと、その近辺にダウン症の名医がいたこと。
なぜかそこから木村拓哉さんの娘さんがダウン症という根も葉もないうわさが広まってしまったようです。
木村拓哉さんと結婚したことで工藤静香さんを恨んでいる熱心なファンが噂をながしたのでしょうか…
ここまで悪質なデマを流されても沈黙を保ってきた木村拓哉さんと工藤静香さん。
訴えても勝訴できる内容だと思いますが、娘さんのために騒ぎ立てなかったんでしょうね。
親としても人として立派だなと思います。
ここ最近、工藤静香さんの嫌われ方が尋常じゃない気がしますが、いずれkoki,さんが芸能人としてもっと活躍の場が広がって親子共演なんていうのも、そう遠くない未来かもしれませんね。
実現するかどうかわかりませんが、木村一家の共演を楽しみにしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です