【速報】キングオブコント2018!ハナコが優勝!

山本KID徳郁の死因はタトゥー(入れ墨)?刻んだ名前(漢字)の意味は

山本KID徳郁さんの訃報から様々な方面から死因にタトゥー(入れ墨)が原因ではという声が上がっています。

本当にタトゥー(入れ墨)が直接的に死因になったのでしょうか?

しかし、体に刻まれた名前(漢字)には山本KID徳郁さんのある意味が込められていました。
その名前・漢字・意味も紐解いていきます。

山本KID徳郁のプロフィール

名前:山本KID徳郁
愛称:岡部 徳郁
本名:KID、神の子
生年月日:1977年3月15日
年齢:41歳
血液型:B型
出身地:神奈川県川崎市
身長:163㎝
体重:61kg
出身校:桐蔭学園高等学校中退
最終学歴:山梨学院大学中退
職業:総合格闘家
所属:KRAZY BEE糸満

山本KID徳郁のタトゥー(入れ墨)の首のキスマークの意味は?

総合格闘家の山本KID徳郁さんが、若干41歳でお亡くなりになりました。格闘技ファンの間では、その死を惜しむ声が次々と聞かれます。また、格闘技にあまり関心のない方でも、衝撃を受けた人がたくさんいるようです。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

山本KID徳郁を応援して下さった皆様へ 山本KID徳郁(享年41歳6か月)が、本日9月18日に逝去致しました。生前に応援、ご支援をしていただきました関係者各位、ファンの皆様に本人に代わり御礼申し上げます。 …KRAZY BEE

と、KIDさんの所属ジム『KRAZY BEE』の公式Twitterで、亡くなられたことが公表されました。その早すぎる、若すぎる”死”はまさに衝撃です。
WEB番組『RIZIN CONFESSIONS』を好んで観覧されている方々や、古くからKIDさんのファンの方はご存知だとは思いますが、彼は2008年からご自身でスポーツジム&総合格闘技ジム『KRAZY BEE』を創設し、経営者としても活躍していました。まさに全く異なる2つの分野で、その手腕を発揮されていたのです。非常に多才な方であることがよく分かります。そのような多才な顔を持つKIDさんが先月、自身のインスタグラムにて、なんと自分が癌に蝕まれていることを発表されたのです。驚かなかった人はいないでしょう。

『私事で急なご報告となりますが、私山本KID徳郁はガン治療の為に頑張っています』 『絶対元気になって、帰ってきたいと思っていますので温かいサポートをよろしくお願いします!』

と、激白されました!!この告白が先月26日頃だったと記憶しています。その激白からわずか1カ月ほどしか経っていないつい先日…誠に残念ながら、鬼籍に入られてしまったのです。壮絶な人生を歩まれた方だと思います。
あまりにも早すぎるその“死”に関して、家族や友人、その他大勢の関係者などには、到底受け入れ難い現実だったことでしょう!!KIDさんのファンはもちろん、ファンならずとも、容易に想像ができます。
しかしながら、実は、ネット上では前々からファンに『癌に罹患しているのではないか?』とか『重病なのかもしれない?』と心配する書き込みは挙がっていたようで、一部の方々にはまことしやかに重病説が広まっていたようなんです! そんな渦中の中、急逝なさってしまったわけです。余りの突然のことに、驚愕した声は、ファンならずとも一般の人々にも拡がっていきました。
ところで、インスタグラムで26日に自身が『癌』を患っていることを激白した書き込みに、『癌の種類』についての言及は一切なかったのです!少し奇妙なその事実に、ネット上でも『何ガン?』と疑問に思う方が多かったらしく、不思議に思う声も多く浮上するようになってしまったわけなんですが…。知りたい方は大勢いらっしゃったようですが、正直明確なことはわかっていません! ですが、ネットなどでも一番多く聞かれたのは、『皮膚がんでは?』という声でした。広く一般に周知されている様に、KIDさんは、ある時期から体中タトゥーだらけになっていくのですが、この『刺青』が憶測を呼んで『皮膚がんでは?』という疑惑が多く聞かれるようになってしまった様です。医学的には、刺青と皮膚癌の因果関係はわからないようなんですが…

刺青の墨が皮膚に悪影響を及ぼすのではないか?
紫外線(B波)の影響を受けやすくなるのではないか?

といった推測が元で『皮膚癌』という疑念が方々で囁かされているんだとか。

その他にも刺青を入れる際に、不特定多数の人に使った針を使い回していることが原因で“B型肝炎”や“C型肝炎”を引き起こすこともあるため、『肝臓癌』ではないか?
ということもまことしやかに囁かれています。
それで、今回山本KIDさんが亡くなって週刊誌が報じた内容によると…『消化器系の癌(胃ガン)』であることが判明しました。
山本KIDさんの死因について、今わかっていることはこれ位ですね。
というか、個人的にはタトゥーを入れてない時の山本KIDさんが好きだったんですよね。
まあ、タトゥーを入れていれば生命保険に入れないとか温泉に入れないとか、そんなことも覚悟の上の行動・・・覚悟の表れだったんですよね。
そんな山本KIDさんが病気を治し、もう一度リングで戦う姿が見たかったです。

山本KIDさんと魔裟斗さんが闘志むき出しで戦っている姿が若者をなんんか勇気付ける気がしていましたが、なんだか格闘技界が寂しくなった気がします。

山本KID徳郁のタトゥー(入れ墨)の漢字の意味は?

https://platform.twitter.com/widgets.js

山本KIDさんの首周りに彫ってあるタトゥーの漢字は、「狂」「蜂」「愛」「郁」「海」「鈴」の6文字。これら6文字には、どんな意味が込められているんでしょう。一見バラバラにな印象を受けますし、由来は確かにバラバラなのですが、れっきとした意味があるのです。ファンならずとも非常に興味を惹きます。しかも、何だか難しそうな意味の文字の羅列のような印象が持たれますね。

まず、「狂」「蜂」の2文字は彼のジムである、クレイジービー(クレイジー:狂った、ビーは蜂)の意味です。試合で身に付けるトランクスにも記載されている漢字なのです。「クレイジービー」とは、何となくKIDさんの闘う姿勢を表しているような、そんな気がします。

そして「郁」は山本KID徳郁の「郁」で彼自身のことを表します。これは分かりやすいですね。ただ、「郁」というのは、どんな意味が込められているんでしょう。
では残りの「愛」「海」「鈴」の意味は何かと言うと・・・「海」「鈴」は彼の現在の奥さんと子供の名前だと考えられます。そんな家族想いの面も持ち合わせていて、彼らしいですね。壮絶な試合を闘う格闘家なのに、心根の優しい言葉が記されているんですね。

山本KIDさんは、彼の全盛期にモデルのMALIAと結婚し、子供を1人もうけていましたが、怪我が原因の負け続きになってからは、奥様がちょっと体のことを心配をしてなのか、離婚と相成りました。
しかし2014年には一般人女性と再婚し、その奥様が新たに子供を産んだことを公表。やはり、子供好きの面が垣間見えますね。
自身を表す「郁」と「愛」の隣にあるのは、再婚した相手の女性と、その女性との間にできた子供を表しているということは、まず間違いないでしょう。

「狂蜂」は彼が育ち、かつて務めていたジム由来、そして「海」「鈴」は現在の家族、山本KIDさんが愛でている、とても大切なものを漢字にして刺青・タトゥーとして体に彫っていたんですね。人に対して愛情深い格闘家です。

彼が元妻であるMALIAとの間に生まれた子供は、長男の海鈴くん、次男の愛郁くん、長女のありあちゃんの3人。漢字は長男と次男の名前をそのまま使用していた事実が、過去のドキュメンタリー番組で紹介されていました。その由来を知った視聴者は、ほのぼのとした温かい気持ちになったことでしょう。

そして自分の子供の名前を入れている意味も、自分が大切なものを体に刻みたかったという訳ではなく・・・
山本KIDさんがまだMALIAと結婚をしている時、海鈴くん愛郁くんと一緒にお風呂に入っていると2人は山本KIDさんの刺青・タトゥーを見て「僕達の名前も入れてよ」と言ったらしいんです。大切な存在を大事に大事にし、またKIDさんの息子さん達を常に身に付けて闘っているという気概も少なからずあったのではないでしょうか。

「お父さんが試合する時は僕達が前で守ってあげる」愛する子供達の言葉を嬉しく思った山本KIDさんは、ためらわず2人の名前を彫ったんです。見た目や闘い方からは想像できない、優しさ、思いやりの深さが滲み出るエピソードですね。
そして自分の名前が、強くて男らしいお父さんの体に書かれているのを見た時、子供達は大喜び。山本KIDさんは、愛する子供達のその時の顔がずっと忘れられないと話しています。
山本KIDさんの首周りの漢字には、子供の「お父さんを守る」という意味だけでなく、そういった温かいエピソードも含まれていたんですね。一見、難しそうで、いかつい印象の6文字には、実はたくさんの愛情が込められていたんです。

山本KID徳郁のタトゥー(入れ墨)の首のキスマークの意味は?

https://platform.twitter.com/widgets.js

山本KIDさんは首にキスマークのタトゥーを入れています。これはアメリカでかつて絶大な人気を誇った女優のマリリンモンローが流行らせたものです。ちょっと、闘う男、山本KIDさんからマリリンモンローのイメージを思い浮かべるのはなかなか難しいですが、2人には「成功者」という共通する要素がありますよね。
そして、マリリンモンローがこの刺青・タトゥーを入れていたことが原因で、彼女の出身地のロサンゼルスでは、未だに人気のある刺青・タトゥーとして流行っています。いずれにしろ、印象的な刺青・タトゥーです。

元々は、マリリンモンローが首に彫っていた事で流行ったキスマークの刺青・タトゥーを真似たものですが、後付で「愛」「主張」などの意味があると言われています。まさに、山本KIDさんにぴったりの刺青・タトゥーですね。

山本KIDさんの首のキスマークは、それらの意味を意識してのものか、あるいは単に流行りのものだったからですかね。

山本KID徳郁のその他のタトゥー(入れ墨)の意味は?

https://platform.twitter.com/widgets.js

腕の大和魂の刺青・タトゥーは、山本KIDさんの姉の元夫であるエンセン井上を真似したもので特に意味はありません。
エンセン井上は日系アメリカ人4世で、K-1のヘビー級の王者だったというとても偉大な格闘家。日系アメリカ人というのは移民などでアメリカ国籍ではあるけど、両親が日本人の人のこと。国籍と人種に齟齬があるんですね。エンセン井上はその4代目ということです。エンセン井上はアメリカ国籍ではありますが、「大和魂」と彫ることによって、日本人の血を受け継いでいるという矜持を示したかったんですかね。まあ、アメリカ人の間では漢字のタトゥーが流行っていますからね。

山本KIDさんは、階級は違うとはいうものの、日本人の大和魂の血を受け継いで偉大なヘビー級王者として君臨するエンセン井上を非常に尊敬していたのです。
なので意味があるとすれば、エンセン井上に対するリスペクトだと言えるでしょう。また、意味はないのかもしれませんが、後付けでKIDさんの心に秘めているもの、つまり「大和魂」を表しているような気がします。KIDさんの闘い振りは、大和魂そのものでしたからね。強い男のシンボルです。

6文字の漢字、首のキスマーク、大和魂など山本KIDさんの刺青の中でも意味があるものをご紹介しました。
その他にもたくさんの刺青・タトゥーが体に刻み込まれていますが、「かっこいい」「強そう」「神秘的」などの理由で何となく彫ったものなのでしょうか。もしかしたらKIDさんなりの意味があるのかもしれませんが…。

しかし、KIDさんは見た目のインパクトが強く、迫力があって何となく恐いイメージもあるので、徐々にたやすくは近寄りがたい容姿になってしまいました。そのため、刺青・タトゥーを彫ってなかった方が格好良かったという声が、実は大多数なのが現実なのです。KIDさんは、それらの声をどう思っていたのでしょう。
K-1のルール上では問題ありませんでしたが、大会の選考やメディア出演には不利に働く可能性はとても高いですから、少しづつ消していくことを模索したほうがよかったのかもしれません。実際、ファンの声もそうでしたし。また山本KIDさん自身のためでもあったのではないでしょうか。やはり、刺青・タトゥーは格好良いというよりは、ちょっと恐ろしいイメージが日本人の心にはありますから。

山本KID徳郁にとってタトゥー(入れ墨)とは?

刺青・タトゥーを入れすぎる行為は、自分を強く見せようという誇張表現の意味そのものという説がありますが・・・山本KIDさん本人としては『自由』を象徴するものだと語っています。
その証拠に、彼は自分の好きな絵や文字を体に刺青・タトゥーとして増やしていってはいるものの、それらの刺青・タトゥーを他人を威嚇するために使ってはいません。『自由に』自分の好きな絵や文字を体に入れることができる、というある種のメッセージなのかもしれません。山本KIDさんの刺青・タトゥーを批判するファンの誤解と言ってもいいのかもしれません。

むしろ、自分が近づきがたい見た目になっていることは認識しているらしく・・・
山本KIDが電車に乗ると必ず隣の席が開いてしまうそうですが、そういった時は出来る限り端っこによって、縮こまるようにしているとのこと。一般の方々の誤解によって、ある意味、KIDさんは気の毒にも思われますね。
「たま~に俺の真横に座ってくれる人とかがいると、あぁなんて良い人なんだぁって思っちゃう(笑)」といった面白エピソードも、以前にトーク番組で語っていました。見た目と性格の乖離ができてしまっていますね。

山本KID徳郁のタトゥー(入れ墨)が放送禁止扱いされていた?

これまで説明してきましたが、山本KIDさんの上半身にはタトゥーがびっしりと彫られており、過去には放送禁止の対象とされていた時期もありました。せっかくの『自由』の表現が、曲解されてしまったのではないでしょうか。KIDさんには『脅す』つもりなど毛頭なかった訳ですからね。

2015年の大晦日の試合では、魔裟斗さんとの再戦も放送を中止にすべきだとの声が相次ぎ、再戦当日にKIDさんはタトゥーを隠していたのが印象的でしたよね。KIDさんは刺青・タトゥーを入れたことを後悔しているのでしょうか。今となっては皆目見当もつきません。

 

魔裟斗さんが僅差で判定勝ちしましたが、KIDさんがタトゥーを隠して試合に臨んだのは非常に印象深かく、忘れることができません。もう、その刺青・タトゥーを観ることは叶わないことになってしまいました。残念で仕方ありません。

終わりに

いかがでしたでしょうか?
今回は「山本KID徳郁の死因はタトゥー(入れ墨)?刻んだ名前(漢字)の意味は」について記事を書きました。
先日亡くなられた山本KID徳郁さんの余りにも早すぎる”死”について、何ガンだったのか、様々な憶測を呼びました。刺青・タトゥーが原因で皮膚癌だったとか、噂はネット上で騒がれています。ただ、内臓系のガンだったことが週刊誌に載りました。
しかし、死因は何でもいいのです。彼は2度とリングに帰ってこないのですから。

彼は、体中に刺青・タトゥーを施し、体つきも尋常じゃないほどの筋肉の塊で、見た目は非常に怖かったのですが、実は意外にも、心根の優しい家族思いの一家の大黒柱だったのです。
また、経営者もこなして、多才な実業家でもあったのです。

一見、何の脈絡もないと思われる首周りの刺青・タトゥーの漢字には、それぞれ深い愛情が込められていて、彼の優しさが垣間見えます。彼の早すぎる”死”は、格闘技ファンだけでなく、一般の人々にも衝撃を与えました。
怖がられても、実は様々な人に愛される存在だったのですね。心配りもすごいです。

晩年は負けが続きましたが、彼の闘志は決してひるむことなく持ち続けていたのです。亡くなられても、彼のファイティングポーズは決して消えることなく、後世に受け続けられるでしょう。
間違いなく、今も魂は生き続けているのです。
それだけに、彼が亡くなったという事実は、悔やまれて止みません。

ただただ、ご冥福をお祈りいたすしかない自分が悔しくてたまりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です