【速報】キングオブコント2018!ハナコが優勝!

葵わかなの慶応大学入学方法に腹立つとの声続出?何学部にいるの?

葵わかなといえば、朝ドラ『わろてんか』のヒロイン。

そんな葵わかなの慶応大学合格方法に腹立つとの声が出ているらしい・・・

ということで、大学受験方法や何学部に通っているのかなど調べてみました。

葵わかなの経歴・プロフィール

プロフィール
名前:葵わかな(あおい わかな)
生年月日:1998年6月30日
出身:神奈川県
趣味:宝塚観劇 猫を愛でること 読書 一人カラオケ アニメや漫画好き

葵わかなさんは2009年小学5年生だった時に原宿でスカウトされ芸能界に入りました。

芸能界に入ってすぐにファミリーマート「霧島の天然水」のCMに大抜擢され、 一躍人気者となりました。

芸能界に入る際、両親から反対されたという話はよく聞きますが、葵わかなさんの場合は父親などの反対も特になく、やりたいならやってみたらといい、と応援してくれたそうです。

きっと本人の自主性を尊重してくれたんでしょうね。

また葵わかなさんは、2009年7月からはアメブロも開始しており、ブログにはデビューして間もない頃のかなり初々しい写真や文章などが掲載されています。

さらに同年には「サムライハイスクール」というドラマで杏さんの子供時代の役として初出演も果たしています。

映画については「ひだまりの彼女」や「くちびるに歌を」「罪の余白」などの作品に出演しており、2016年には「ホラーの天使」という映画で初主演を務めています。

女優さんというイメージがすっかり定着している葵わかなさんですが、実はアイドルグループのメンバーの一員として活動していた時期があるのをご存知でしょうか。

葵わかなさんは、2012年から2016年まで活動していた「乙女新党」というアイドルグループのメンバーとして活動していた時期があり
「もうそう☆こうかんにっき」という曲で2012年にCDデビューも果たしています。

アイドル時代の葵わかなさんもきっと可愛かったんでしょうね。
またデビュー曲はどんな感じの曲なのか、ぜひ一度聞いてみたいですよね。

葵わかなの高校はどこ?

葵わかなさんは、神奈川県横浜市青葉区の出身です。

家族構成は父と母、そして3姉妹の5人家族で、葵わかなさんはどうやら次女であるようです。

残念ながらお姉さんも妹さんも一般の方なので詳しい情報や画像などは見つけられませんでしたが

葵わかなさんの可愛さを考えると、美人三姉妹なんじゃないかな,とつい想像してしまいますよね。

また出身中学校についても調べてみましたが、やはり詳しい情報はありませんでした。

ですが、どうやら青葉区内の公立中学校ではないかと言われているようです。

葵わかなさんは小学5年生でスカウトされ芸能界に入っており、この写真はデビュー当時のものと思われます。

葵わかなさんはハーフではありませんが、ハーフ説が出るのもうなずけるぐらいはっきりとした可愛い顔立ちで、スカウトされるのもうなずけますね。

また以前は歯並びが気になると言われていたこともあったようですが、現在は歯並びも整っており、その可愛らしさがいっそう引き立っています。

葵わかなの大学は慶応?ずるして合格したの?

葵わかなさんの慶応義塾大学合格については、さまざまな声があり中には批判的な意見もあるようです。

その理由は、葵わかなさん学力試験を課さないAO入試という方法で大学に合格したからだと思われます。

受験したのは、学力試験を課さず、試験だけでは測れない才能や適性を小論文や面接などで総合的に判定するAO入試。

慶応義塾大学のAO入試の項目の一つがこのA方式です。

A方式 学業を含めたさまざまな活動に積極的に取り組んだ方。

そしてA方式の要項であるこちらに受験資格が該当したのだと思われます。

学術・文化・芸術・スポーツなどさまざまな分野において,研究,創作発表,コンクール,競技などの活動を通し,社会的に評価を得ている

ちなみに総合政策学部の偏差値は以下のようになっています。

総合政策学部 偏差値 70.0
スポンサードリンク

卒業した高校の偏差値と比較すれば合格できないはずなのに、といった気持ちを持った人が多かったようですね。

きちんとした制度を利用した合格なので、もちろんそれ自体に問題があるわけではありませんが、

芸能人というある意味特別な立場にいることを考えれば、批判的になる人の気持ちもわからなくはない、といったところでしょうか。

2012年から2014年まで葵わかなさんはイメージカラーはブルーで、

当時のキャッチコピーは「青い空!青い海!青いわかな!しっかりものの14歳」でした。

お芝居を中心に仕事をしていきたいという希望からアイドルグループを卒業をしたのですが、

卒業の際にはメンバーに手作りストラップをプレゼントしたそうです。

きっと仲間思いの優しい方なんですね。

2017年のNHK朝の連続ドラマ「わろてんか」で主演を務めたことにより更に人気·知名度ともに急上昇した葵わかなさんですが、

2018年は出演作の映画「ラーメン食いてぇ」が公開されたり、

話題の日曜ドラマ「ブラックペアン」に出演するなど相変わらずあらゆるメディアにひっぱりだこの人気者のようです。

葵わかなは大学合格直後に休学?腹立つとの声!

葵わかなさんは、1月に慶應義塾大学総合政策学部に合格し話題になりました。

しかしこの合格には批判的な声もあり、

これほんときらい!腹立つ 芸能人ならなんでもありか

というコメントも見つけました。 一体どういう事なんでしょうか。

ちなみに葵わかなさんが合格した慶應義塾大学総合政策学部は慶應義塾大学のキャンパス内にあります。

総合政策学部は、国家や地方公共団体における政策の立案だけでなく、企業や国際機関、その他の非営利団体における政策立案の専門家・実務家・研究者を養成することを目的として設立された学部であり、また、問題解決のために幅広い分野について学ぶよう教育課程が編成されている点が特徴となっています。

さらに社会科学をベースとしつつも、政策の分析や立案に必要な人文科学・自然科学の諸分野を横断する学際領域までも包括的に研究対象とするため、

教養学部における社会科学領域の専攻に近い性質を持ち合わせている事も特徴的です。

1990年に日本ではじめて設置された比較的新しい学部でもあり、 次いで1993年に中央大学にも総合政策学部が設置され、現在では国公私立あわせて69の学部・研究科で設置されています。

また総合政策学部の偏差値は78と、非常に高いようです。

総合政策学部出身の有名人といえば、高校で学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格して話題になった「ビリギャル」の小林さやかさん 、また女優の二階堂ふみさんなどがいます。

葵わかなさんが受験したのは、学力試験を受けず試験だけでは測れない才能や適性を小論文や面接などで総合的に判定するAO入試という特殊な方法であったため、それが批判の的となってしまったようです。

一般の方にとっては、芸能人だから特別扱いされたというような意識が働き、それが批判につながってしまったのかもしれませんね。

終わりに

いかがでしたでしょうか?
今回は今話題の女優「葵わかなさん」について記事を書きました。”

原宿で小学生の時にスカウトされ、アイドルグループを経て女優への道を順調に歩み始めた葵わかなさんには将来有望な若手女優として今後ますます活躍して欲しいですね。大学合格については比較的な意見もあったようですが、私自身としてはせっかく合格したのですから、ぜひ女優業との両立を頑張って欲しいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です